十銭白銅貨

十銭白銅貨

刻印年号:大正9年~昭和7年(1920〜1932)
素材:銅 75% ニッケル 25%

表面には菊紋と桐が、裏面には青海波文様を背景にした八稜鏡が描かれています。
八稜鏡とは鏡の形式の一種で、円鏡の周囲を八枚の花弁のように縁どったもののことを言います。
無限に広がる波を表す青海波文様と、末広がりの「八」は、どちらも「永遠の発展」という意味を持っています。

十銭白銅貨の古銭アクセサリー

準備中

その他の古銭一覧

・旭日五十銭銀貨
・小型五十銭銀貨
・桐一銭青銅貨
・竜一銭銅貨
・大型五十銭黄銅貨
・十銭ニッケル貨
・十銭アルミ青銅貨
・菊十銭アルミ貨
・富士一銭アルミ貨
・稲十銭アルミ貨